活動報告 Activity Report活動報告 Activity Report

2018.06.29~07.01 |神戸国際会議場他第63回日本透析医学会学術集会・総会 参加

2018年6月29日~7月1日に神戸国際会議場他で第63回日本透析医学会学術集会・総会が開催されました。当法人からは口演発表8演題、ポスター発表9演題、ワークショップ2演題の発表を行いました。3日間で延べ90名以上の職員が学会に参加し、透析に関する知識を深めることができました。

  • 第63回日本透析医学会学術集会・総会 参加
  • 第63回日本透析医学会学術集会・総会 参加
  • 第63回日本透析医学会学術集会・総会 参加

2018.06.21 |伊丹ゆうあい通所リハビリ室ケーキバイキング実施

平成30年6月21日 伊丹ゆうあい通所リハビリにて初めてのケーキバイキングを実施しました。今回はモンブラン、オペラ、レアストロベリー、手作りバナナケーキの4種類のケーキをご用意して利用者様に自由に選んで召し上がっていただきました。

通所スタッフによるメニューボードや淹れたてのコーヒーの香りが漂い喫茶店にいるような雰囲気で皆様とても満足された様子でした。

大変好評でしたので今後も継続して実施していきたいと思います。次回の開催を楽しみにしていて下さい。

  • ケーキバイキング実施
  • ケーキバイキング実施
  • ケーキバイキング実施

2018.06.15 |国立京都国際会館日本老年医学会参加

平成30年6月14日から3日間、国立京都国際会館で開催された日本老年医学会学術総会に星晶会より4名が参加いたしました。今年で第60回を迎えるこの学会は、歴代著名な教授が会長を務められた伝統のある学会です。松本理事長が「施設・在宅・終末期」のセッションで、「当法人の要介護透析患者送迎体制の確立」のテーマで口演発表をおこないました。

総人口に占める65歳以上の割合が27.3%とかつてない超高齢社会を迎え、長命でなく「健康長寿」を目指すことが喫緊の課題になってきています。そのためには高齢者特有の身体、精神機能に配慮した医療、介護、生活支援が一体的提供される地域包括ケアシステムの構築が求められています。今回の学会での学びを今後の業務に生かしてまいります。

  • 日本老年医学会参加
  • 日本老年医学会参加
  • 日本老年医学会参加

2018.06.04.05.08 |伊丹ゆうあい通所リハビリ室通所リハビリ☆トライやるウィーク受け入れ

平成30年6月4、5、8日に荒牧中学校からトライやるウィークという職業体験に中学2年生の男女計4名が伊丹ゆうあい通所リハビリに来てくれました!

まだ13歳という初々しい姿に利用者様も、私たちスタッフもどこかウキウキ、ドキドキ。はじめは硬かった笑顔も挨拶も、少しずつほぐれ、利用者様と将棋の対局をする男子生徒もいました。

そして最後には「楽しかったです」と。何より「利用者様にありがとうと言われたのがうれしかった」と言ってくれました。言われたことを黙々と誠実にこなす姿に、日本の心〝おもてなしの心″が育っているんだと感動を覚えました。

私たちスタッフにとっても初心に帰る貴重なトライやるの時間でした。

  • 通所リハビリ☆トライやるウィーク受け入れ
  • 通所リハビリ☆トライやるウィーク受け入れ
  • 通所リハビリ☆トライやるウィーク受け入れ

2018.05.08 |荒牧バラ公園バラ観賞会参加

平成30年5月8日(火)に「NPO阪神生きがい創造の会」主催のバラ観賞会が荒牧バラ公園にて開催され、輪廻館とささやきに入居されている利用者様を中心に、ボランティアさんや新入職研修のスタッフを含め、33名が参加されました。

美味しいお弁当を木陰でご賞味いただき、皆様で歌を合唱しました。楽しいひと時になりました。

  • バラ観賞会参加
PAGE TOP
HOME