お知らせ Newsお知らせ News

2020.09.16更新看護小規模多機能型居宅介護 ホーム伊丹ゆうあい開設のお知らせ

令和2年9月1日 看護小規模多機能型居宅介護 ホーム伊丹ゆうあいが無事に開設いたしました。伊丹市荒牧の老健伊丹ゆうあいに隣接しており、デイサービス・ショートステイ・訪問看護・訪問介護のサービスを一体化し、一人ひとりに合わせてご自宅での生活が支援できる事業所です。
医療度の高い方【透析・痰吸引・胃ろう・褥瘡の処置・インスリン管理・排泄管理・末期がん・留置カテーテル・在宅酸素等】も安心してご利用いただけます。また、当事業所で最期を迎える事もできます。
お問い合わせ、見学のご希望などありましたらお気軽にご連絡ください。

  • 看護小規模多機能型居宅介護 ホーム伊丹ゆうあい開設のお知らせ
  • 看護小規模多機能型居宅介護 ホーム伊丹ゆうあい開設のお知らせ
  • 看護小規模多機能型居宅介護 ホーム伊丹ゆうあい開設のお知らせ
  • 看護小規模多機能型居宅介護 ホーム伊丹ゆうあい開設のお知らせ
  • 看護小規模多機能型居宅介護 ホーム伊丹ゆうあい開設のお知らせ
  • 看護小規模多機能型居宅介護 ホーム伊丹ゆうあい開設のお知らせ

2020.07.27更新ドミノピザ様に感謝

 令和2年6月16日(火)、23日(火)、24日(水)、25日(木) 谷口紀善先生にご紹介いただき、ドミノピザ様の「無料ピザで地域支援」の取り組みで、星晶会各施設に無料で温かいピザを届けていただきました。まことにありがとうございます。
 星晶会では多くの透析患者様に対しての医療・介護提供に取り組んでおり、これまで新型コロナウイルスの感染者はでていないものの感染防止対策で気の張りつめた日々が続いています。
 このたび温かいピザを届けていただいて、職員一同美味しく楽しいひと時をすごすことができました。谷口紀善先生、ドミノピザ様のご厚意に感謝申し上げます。
 今後も、地域の医療・介護を支えるべくより一層頑張ってまいります。
 最後に、ドミノピザ様の今後のご活躍を祈念いたします。

  • ドミノピザ様に感謝
  • ドミノピザ様に感謝
  • ドミノピザ様に感謝
  • ドミノピザ様に感謝
  • ドミノピザ様に感謝
  • ドミノピザ様に感謝

2020.06.13更新看護小規模多機能型居宅介護 ホーム伊丹ゆうあいのご紹介

星晶会の新事業である看護小規模多機能型居宅介護(以下看多機) ホーム伊丹ゆうあいは、地鎮祭を令和2年3月4日大安吉日におこない、3月9日に着工いたしました。
現在順調に建築がすすんでおり、開設は9月初旬を予定しております。
建築について2週間ごとに、設計事務所、施行会社、星晶会職員(約5名)で定例会会議を開催して確認事項や工程説明、協議を行っています。

看多機とは、訪問看護と通所・宿泊・訪問介護を一体的に提供する複合型サービスです。介護度が高く医療ニーズの高い高齢者の在宅療養を支え、慣れ親しんだ地域と自宅で安心した生活ができることをサポートします。

看多機では、看護職員が医師の指示のもとに通所・宿泊利用時に医療処置を行うことができます。さらに看護職員と介護職員が情報やケア方針を共有しながら、連携を密にしてサービスを提供することで、体調面・生活面・精神面を総合的に把握でき、利用者様に安心して日常生活を営んでいただくことができる事業所になります。

  • 看護小規模多機能型居宅介護 ホーム伊丹ゆうあいのご紹介

2020.05.21更新マスク寄贈お礼

令和2年5月13日(水)NPO法人阪神生きがい創造の会より、医療用サージカルマスク500枚をご寄贈いただきました。心より御礼申し上げます。
他にも利用者のご家族様より多数のマスクをご寄贈いただきました。誠にありがとうございます。施設内での感染対策に活用させていただきます。

NPO法人阪神生きがい創造の会では星晶会以外にも、伊丹市、伊丹市医師会、近畿中央病院、市立伊丹病院、住吉川病院にサージカルマスクを寄付されており、伊丹市に寄贈されたマスクは妊産婦さんに贈られたということでした。

星晶会では伊丹市内の医療従事者を応援するNPO法人阪神生きがい創造の会の「NPO伊丹医療者応援募金」の募金箱を各施設の接遇に置かせていただきました。皆様のお気持ちをお待ちしています。集まった募金は全額、伊丹市と伊丹市医師会に寄付されます。

  • マスク寄贈お礼
  • マスク寄贈お礼
  • マスク寄贈お礼
  • マスク寄贈お礼
  • マスク寄贈お礼
  • マスク寄贈お礼

2020.04.14更新マスク着用のお願い

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される状況がまだまだ続いており、兵庫県にも緊急事態宣言が発令されました。こうした状況の中で、私たちは感染予防対策として手洗いの励行とならんでマスクの着用がとても重要であると考えております。
 これまでは症状のある方に限定していましたが、今後すべての患者様ご利用者様にマスクの着用をお願いすることとなりました。マスクが手に入りにくい状況でございますので、厚生労働省から配布される布マスクや手作りマスク、ハンカチで簡単にできる折りたたみマスク等を利用していただいても構いませんのでご協力をお願いしたします
 今、厚生労働省が推奨しております3つの密(密集、密閉、密接)を避けていただき、集団発生を防ぐ等、感染のリスクを減らすことが重要です。
 安心、安全な医療・介護を提供させていただくためマスクの着用にご協力のほどよろしくお願いいたします。

マスク着用のお願い
マスク着用のお願い
PAGE TOP
HOME